チェロウルフ音|爆笑必須!カエルの鳴き声のような強烈ウルフが録音できました…

スポンサーリンク

こんにちは!
ひよこです🐣

ひよこのチェロはウルフ音が鳴りやすいと何度かブログで書きました。
ほんのちょっと部品ひとつ変えただけで、ほんのちょっと傾いていただけで、ありとあらゆるウルフ音を聞かせてくれます。

そして今回。

狼だけでなく、私のチェロにはカエルも住んでいたらしい。

「どれがウルフ音?初心者だから分からない…」なんて言わせないレベルの間の抜けたギャグかのような音がするので、ぜひ、本当に読み飛ばさずに聞いてみてください。

ウルフ音、もといカエル音のハーモニーによるチェロ演奏
     カエルのうた。どうぞ…

ちなみに私も、そばで聞いていた家族も笑いが堪えられなかった。

なんなのもぉーー😂!ww

気持ちよく弾くたびに、ぐわぁ♪ぐわぁ♪🐸

音を伸ばせば、ぐわぁぁ~~~♪🐸

いつから私のチェロにはカエルさんが住んでおられたんですかね。

ショックを通り越してもう笑うしかないwww

ウルフ音だと思った理由

最初はテールコードやどこかがチェロに触れて共振してるのかと思ったのですが、そんな部分は見当たらず。

そして🐸カエルが出現するのは決まって「ファシャープとソ」の音。録音はD線で遊んでいますが、G線やA線のファシャープとソあたりにも🐸カエルさんが住んでいました。

ファシャープにソ。そしてチェロをしっかり足で挟んだり裏板を手で軽く抑えると比較的音が止まる。この音のみに出るってことはもうウルフの一種でしょう…😂w

ウルフ音がでた原因は弦の張替え

さてさて!

今回🐸カエルさんが出てくる前に、チェロに何したかというと、、

A線だけ新しい種類の弦に張り替えました。

え?それだけ?って思ったでしょう!

それだけなんですよ!!

たったそれだけでこの強烈な音を出してくれる我がチェロ、エミールちゃん。

もとは張力の強いアリオーソという弦を最近張っていたのですが、あまりに強いから左手の早い楽譜でもたついてる感があり、柔らかいソフトタイプにしたんです。(A線だけ)

弾きやすくなった~♪と喜んだのもつかの間、、

「ぐわぁ🐸。」

ん??

「ぐわぁ~🐸♪」

んんん???ww

🐸「今日から一緒に歌いますカエルです。」

ごめんなさい無理です😂www

張り替えたA線だけおかしくなるならともかく、全弦ファシャープとソに出るとかあぁもう、、かわいいヤツめ💕💕

弦の張り方がおかしかったかな?と確認したりしましたが、何度やってもカエルさんは私のチェロと一緒に歌いたいそうで。

もう諦めてアリオーソに戻す決意をし、最後の記念に家族に録音を頼んだ、というのがあの流れでございます。

「この音録音してブログのせるから、録音中笑わないようにね!」って言ったはいいものの、ひよこ自身も笑いが堪えられなかった。

ひとつ分析をするならば、
唐突に思いついて弾いたカエルの歌が特にやってはいけなかったと思う

チェロのウルフ音の原因は様々

ここ数ヶ月で様々なウルフ音を聞いてあまり動揺しなくなっていましたが、さすがに今回は動揺しましたw

ただ直前にやった行動が、明確にA線だけ別種に張り替えたという理由があったので、すぐに原因を特定できたことが幸いです。

そしてアリオーソに戻したら、本当に元通り戻りました!!(ここ重要)

チェロのウルフ音に悩んでる方に
ひよこの経験談からアドバイス一覧
・弦の張力を違う種類にする(どこか1本だけでも良い)
・アジャスターネジを変えてみる
・テールピースを変えてみる
・テールコード(ロープ)の長さを変えてみる
・ウルフキラーをつける

弦は結構重要なんだなと今回身にしみた出来事でした!

さぁ!
もうじきレッスン日が近いから追い込んで練習していかなきゃ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ  
⬆ふたつのブログランキングに参加しています♪
 押してくれたら練習もっと頑張るピヨ🐣🎵

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。