チェロ松脂|比較して弾いてみた感想

スポンサーリンク

こんにちは♪
ひよこです🐣

今まで音や操作感の追求に、チェロの松脂いろいろ触って使ってみましたが、使用した感想をメモ書きとして残したいと思います。

ちなみに松脂の感想の順番は、手に入れた順番通りに記載しています。

無名の安い松脂

一番最初に手に入れた松脂は明るいオレンジ色をしたものでした。今ネットを探しても同じものが見つからなくて、当時の販売価格も600円程度のお安い松脂です。バイオリンからチェロまで幅広く使えるタイプ。

色味:ライト系
粉粒:荒め
値段:約600円

弾き心地

バイオリンからチェロまで使えるライト系だからか、はたまた安いものだからか。とにかく弦への吸い付きがしっかりしない。粉粒が荒いため楽器に白く松脂が降り注ぎ、音を細かく刻むとザリザリしてる。また使いたいとは思わない。当時はチェロの指使いや楽譜にいっぱいいっぱいで、松脂の違いに興味がなくそのまま半年間くらい使った。

ピラストロ社 チェロ用松脂

定番のピラストロ社製品で、色味は暗いダークな色。Amazon通販でも売ってるよく見る松脂ですが、チェロ用の松脂と特化している。

色味:ダーク系
粉粒:粉っぽさ無し
値段:アマゾンで1,900円くらい

↓詳細はこちら↓(リンク先は安心安全アマゾンです📦)

PIRASTRO 9011 Cello 松脂 ロジン

弾き心地

弓につけてみると粉感がほぼなく、しっとりと感じる。ちゃんと塗れているのか少し不安になったw
ひとつ前の松脂に感じていた、音の切り替え時のザリザリ音があまりない。音量や音の迫力はあまり感じないけれど、オーソドックスになめらかな弾き心地、といった感覚。

もし知り合いがチェロを始めたいと言い出したら、お値段的にもとりあえずこの松脂勧めておけば問題なさそう。

レザーウッド ベスポーク |サプル

楽器を新調し松脂にも興味を持つようになったため、すごく高いお値段であるこの松脂の弾き心地が気になった。

色味:ややダーク系
粉粒:粉っぽさ無し
値段:アマゾンで9480円くらい(公式10,500円くらい)

↓詳細はこちら↓(リンク先は安心安全アマゾンです📦)

松脂 レザーウッド ベスポーク Leatherwood Bespoke Rosin cello Supple(サプル)

弾き心地

ギャリって音でちゃうような早い楽譜でも、とにかく包み込むような暖かい音色。腕の重みをしっかり乗せると、幅の広い音揺れで朗々と楽器が鳴る感じ。公式では「柔らかで上質なベルベットに包まれるような〜」と記載されていたけど、このことかな。ピラストロ社のチェロ用松脂を、音色という根底から良くして引き上げたような方向性の松脂。

ただこの松脂、いつもの感覚で弓に塗り塗りするとつけすぎちゃう。ちょっと塗るだけですごく弓につく。言い方を変えると、値段は高いけど少量で良いから長いこと使える

レザーウッド ベスポーク |クリスプ

前記したサプルと混ぜて、好みの配合を楽しめると聞きこちらのクリスプタイプも購入。

色味:ややライト系?ほぼサプルと見た目似てる。(写真の右がサプルで左がクリスプ
粉粒:サプルよりは粉っぽい
値段:アマゾンで9480円くらい(公式10,500円くらい)

どっちも見た目似てるけど、木の部分に刻印があるので見分けは大丈夫。VCCがクリスプ、VCSがサプル。

松脂 レザーウッド ベスポーク Leatherwood Bespoke Rosin violin Crisp(クリスプ)

弾き心地

楽器の引きはじめの瞬間、発音性がとにかくすごい。音の一粒一粒が「パ〜!」じゃなくて「ッパ〜ッ!」って瞬間的に出る。音量をとにかく求めてるなら間違いなくこれが良い。ド派手に飛び立つような音。ドヴォルザークコンチェルトの冒頭を派手にどかーんといきたい!みたいな感じにはぴったり。

ただ松脂のこと少し考えて弾かないと、物静かな名曲白鳥も元気に空へ飛び立っていきそうな白鳥になる。注意すれば大丈夫、たぶんw
あとそれから、このクリスプタイプもちょっと塗るだけで松脂がすごくつく。むしろサプルの時よりさらによくつくので、本当に少しで良い。じゃないと私の白鳥さん大空へ元気にどっか飛んでいく。

サプルとクリスプ混ぜると…

数ヶ月間かけていろいろ重ね塗りを試した結果、音の質はサプルが好みだけど元気さが足りない感じがしたので、サプルを先に弓に塗り、その上にクリスプを少しのせました。温かみあるサプル音に発音性のクリスプ。

湿度が高いと音がこもって聞こえたので、そういう時はクリスプを多めにしてカラッとした音作りにしたり、演奏したい楽譜に合わせてクリスプ塗る量で調節したら使いやすかったです。

ギヨーム松脂(GUILLAUME)

弓を新しいものに変えたところ、ちょっと松脂の相性が気になり、有名なギヨームを試しに購入。(数日前の話

色味:ダーク系
粉粒:粉っぽさほぼ無し
値段:アマゾンで3350円くらい

GUILLAUMEギョーム松脂 アルミ缶

弾き心地

まだ購入したばかりだから綺麗なギヨームさん♪
新しく買った弓が弾力があり操作感がすごく良いものだったのですが、家に帰りいつも通りのサプルとクリスプを塗るとちょっと重く感じまして。ちょっと試しに購入したギヨームの松脂でしたが、これが今の弓との相性なかなかに良好。

サプルと似た温かみある音色の系統ですが、もっとこう、密度の細かい振動をビリビリ感じつつ、残る暖かさ。レコードが頑張ってビー!って鳴ってる時のような細かい振動?(まったく伝わりにくいニュアンスですみませんw

程よい粘度のおかげで操作感もだいぶ軽くなりました。ただ今までは軽々と勝手にサプルクリスプが楽器鳴らしてくれてたけど、ギヨームにするなら基本的な腕の重み意識しないとですね。(当たり前の基本w

ちょっとギヨームベースに、発音性楽にクリスプ混ぜてもいいかな?なんて考えています。数日前にこのギヨーム松脂買ったばかりなので、いろいろひきこんでいきたいと思います♪

さぁ練習がんばろう〜♪

ブログランキング・にほんブログ村へ  
⬆ふたつのブログランキングに参加しています♪
 押してくれたら練習もっと頑張るピヨ🐣🎵

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。