ZMTのハープ型テールピース(チェロ用)を購入!個人的感想レビュー♪

スポンサーリンク

チェロのウルフ音に悩まされること数ヶ月。
ひよこのチェロは弾き込むごとに音の鳴りが良くなり、それと同時にウルフ音も目立つようになってきました。

良く鳴るチェロほどウルフは出るものだと聞きましたが、楽器屋さんが言ってたことはこれかぁ~~👀💦

定番のウルフキラーを試してはみたものの、ウルフがとまると同時に音の余韻がほんの少し減ってしまう感覚が気になり、調べ続けていたらこのテールピースに出会いました。

まず感想は、とにかく見た目のインパクトが強いw
なんてったって斜めってるもんw
でもウルフ音が消えるという話が多数!✨

そしてキャッチフレーズが「楽器のドーピング」
なんだか魅力的💕

ただ、先生になんて言われるかちょっぴり不安だったので、
(斜めってるしw)
購入前に聞いてみたら「せっかくの新作楽器だし、いろいろ試してみたらいいと思う!」と好意的なお言葉をいただきました💕

わーい🎵

ZMTテールピース(チェロ用)黒壇 感想レビュー♪

という流れで12月にZMTのテールピースを購入し、私のチェロに装着後、、時は流れて今で約1ヶ月になりました!購入前はネットで感想やレビューを探しまくったのですがなかなか無くて、とても困ったのでここにレビューを残します。

今この記事を見ている、チェロ仲間様のお役に立ちますように♪

初日:音と弾き心地

私のチェロを購入した楽器屋さんにZMTテールピースを持ち込み、手間賃3,000円ほどで交換していただいたのですが、いきなり音がよく響く!!!

軽い力にもかかわらず、音が広がって余韻が長く残る感じです。今までとはまったく違う弾き心地と音!チェロが本来持つ真の実力に、フタをされていたのが羽がはえて開放されたみたい。

あと一番びっくりしたのはなぜか左手で弦を抑える時、やわらかく感じたこと。

音のニュアンスが柔らかい、ではなくて、物理的に柔らかいの意味です!

それまでぎゅっと張り詰めたような弦が、ふんわり自由に開放されたような触り心地。そして音もまったく同じように、のびのび余裕のある響きへ。

肝心のウルフ音について

そして肝心のウルフ音、、今まではC線もG線もがっつり出ていて、一定のロングトーンでも音がひっくり返ったり上滑りするような音になったり、大暴れだったのに、、、

消えました。

なんだこれは……!

ほんの微かに、G線のファやミあたりに、よ~~く耳をすませば感じないこともないけれど、今まで演奏困難レベルのウルフ音に比べたら、無いも同然!!

チェロってこんな簡単に音が出たんだ、、なんて一瞬思ってしまったほどの衝撃でした。

「弓をのせて腕の重みだけで、す~って弾けばす~って音がなるよ」とかよく目にしますが、それ楽器にトラブルがおきていない前提の話だとこの時気づいたひよこなのでした🐣

帰宅後~その後

左手も右手も楽になったことでとにかく練習がはかどるようになり、ひたすらストイックに練習に励むこと数週間。。。

んん?なんか違和感が…?
ここで前日のブログ記事に続く話になります。。

チェロのテールロープ(コード)の長さで音は劇的に変わる…!!いざ修理へ

内容を要約すると、テールピースの下の紐部分、
ロープの結び目が少し伸びちゃって音が変わってしまったんです。

近隣のリペア工房でちょちょっと短くなおしてもらったら、無事に初日の輝きと余韻が大復活!!!

とっても焦ったけど本当よかったぁ。

1ヶ月たった今思うのは、ZMTのハープ型テールピース、買ってよかったです!!

あえてデメリットをあげるとするなら、C線が専用の弦じゃないと届かないことかな?
※ちなみにスピロコアのタングステン巻

チェロのC線によく張られてる定番弦だし音が豊かに響くので、私のチェロにとっては特に問題はないけれど、違う弦が弾きたい方にはデメリットですね。

あと、見た目が少し奇抜に見えることくらいw
私はこの個性的感も含めてハープ型好きです💕

これからブログに録音であげていく音は、全てZMTのハープ型での演奏になるので、音が気になる方はこれより先の日付のブログ、待っててください🐣♪

前々回くらいのレッスンで、スクワイアのダンスラスティック合格もらったのだけど、試しに録音しながら弾いてみようかな?
(2ヶ月前の曲だけど、、弾けなくなってたらどうしよう……w)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
⬆ふたつのブログランキングに参加しています♪
 押してくれたら練習もっと頑張るピヨ🐣🎵

余談:アマゾンに売ってるハープ型テールピースについて

ZMTの正式なテールピースを購入するには、2021年1月現在、日本では代理店が1店舗しかないようです。(ひよこは海外からネット通販で取り寄せました)

ちょっと試してみたいという人向けに通販の定番アマゾンで、ハープ型テールピースありましたので参考にリンク張っておきますね。

値段は…ZMTの半額以下どころか5分の1!
ただひよこの画像と比べてみると分かるかと思いますが、ハープ型特有の斜め角度が浅いかな~。
激しいウルフ音に困ってるなら断然ZMTを勧めたいけれど、
音の響きを変えてみたい目的ならアマゾンのこちらのテールピースもありかも。

チェロの部品、ひとつ変えるだけで音が変わるから、悩むのもまた楽しいですね💕

チェロ用 ハープ型テールピース エボニー

〜ZMTテールピースに変更後の録音公開記事〜

・一ヶ月後に録音比較した記事

・弦を張り替えた後の録音(アリオーソ)

・腕の重みを理解した時の録音(更に響いて鳴るように

・いろんな曲を弾いてみた録音

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。